大型処理機による生ゴミ堆肥化モデル事業

平成27年6月定例会において家庭系生ごみの堆肥化を促進するため、大型処理機による共同処理モデル事業を実施するための予算416万3千円が予算化されました。この事業は私が以前一般質問において提案し事業化されました。今回は4台をモデル事業として設置を予定し本年8月頃から募集開始の予定です。

生ごみ大型処理機

oogatazennkeitounyuunoyousu

  • 20~50世帯から出される生ごみを処理できます。
  • 維持費などは市が負担し、使用する団体の費用負担はありません。
  • モデル事業のため、データ取りの協力をお願いすることとなります。
  • 各家庭からでた生ごみを処理機に投入し堆肥化します。投入した生ごみは約1.5%の量に減量化されます。(例:1,000㎏投入すると約15㎏の堆肥となります)

プロフィール佐藤のりゆき

昭和45年7月21日生まれ
平成元年/上田東高等学校卒業
平成3年/信越電子ビジネス専門学校システムエンジニア学科卒業
元・証券会社勤務
現在/会社役員
上田市議会環境建設委員
議会機能強化特別委員
NPO法人ほこほこコネクト副理事長
元上田市消防団ラッパ長
元長小学校PTA会長
元真田地域協議会委員
元真田地域公共交通利用促進協議会監事
元上田市スポーツ推進委員
佐藤のりゆき後援会入会フォームへ
佐藤のりゆき後援会入会フォームへ